交通事故で損傷した歯をインプラントに

交通事故で損傷した歯をインプラントに

1年ほど前に、親戚のおばさんが交通事故にあいました。その交通事故はおばさんの不注意で、電柱にぶつかってしまったそうです。でも、おばさんの体は命にかかわるようなけがもせず、いまも元気でいます。でも前歯が2本、かけてしまったのです。その後、歯科に行き、抜歯をしなくてはならないという事になったそうです。そこで、お医者様から告げられたのはさし歯にするか、インプラントにするかという選択肢を告げられたそうです。わたしもインプラントという言葉は耳にしたことがあるのですが、実際にどういうものかは知りませんでした。インプラントは人口の歯というのは、さし歯や入れ歯とかわりないのですが一番の違いはこのインプラントには本物の歯と同様に歯の根っこがあるということらしいです。歯の根っこも人工のものをしっかりと歯茎の中に固定し、そして人口の歯をつけるのだそう。歯の根っこがしっかりあるので、本物の歯と同じような働きができるのだそうです。そのため、しっかりとかむ力が残されるのだそうです。ただ、永久的なものではないのと、費用がインプラントの方が高額なため、どの治療にするか悩んでいましたが、おばさんは結局インプラントを選びました。まだ40代のおばさんはまだまだ仕事も現役だし、本物の歯に近い方がいいと思ったそうです。自分がもう60才を過ぎているような年齢だったらさし歯を選んだかもしれないが、まだ若いのでインプラントでしっかりとかむ力をつけ、骨が痩せて行かないようにした方がいいと判断したようです。治療後におばさんに会う機会があったのですが、本当に自分の歯のような感覚と言っていました。今回のインプラントの治療は高額ではあったけど、歯というのはそれだけ、大事なものだから今回のインプラントには大満足していると言っていました。見た目にも全くそれが人口の歯とは分かりません。最新の医療の技術というのは本当にすごいなと感心しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 交通事故で損傷した歯をインプラントに
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]